特徴 外観 オプション  
 

※仕様については[ダウンロード]の仕様書・取扱説明書をご覧ください。

 
[価格] [ダウンロード]

コンパクトボディにスゴ腕リミッター

フィールドミキサーで培われた技術を惜しみなく投入

AC電源内蔵。及び、12V駆動。2入力2出力のハイパーリミッターユニット。1入力2出力、2入力2出力の切換が可能です。

 

フィールドミキサーで培われた技術を惜しみなく投入し、リミッターコンプレス技術をそのまま搭載。あらゆる収録環境での音割れ防止に威力を発揮し、音の歪みを低減します。これからのデジタル収録には欠かすことのできない一台です。

 

ハイパーリミッターに限定した性能

フィールドミキサーで培ったハイパーリミッター搭載。+30dBの過大入力を瞬時に抑えて音の歪みを防ぎます。

 

また、それだけの過大入力を抑えていても、PEAKレベルを超えない音はそのまま出力され、より自然な収録を可能としています。

 

ワイドな入出力設定

マイク入力時にはP-48のマイク用ファンタム電源を搭載しており、入力切換え-60/-20/+4dBの3段階。様々な入力の収録ができます。平衡出力(キャノン3ピン)も+4/-20/-60dBの3段階切り換えができ、RCAは-10dBVの固定により家庭用レコーダーにも対応しています。

 

VU/PEAKの切換式メーターを搭載

録音レベルを正確に確認するためのメーターは、デジタルに適したPEAKメーターと音源全体の平均レベルを確認するVUメーターがL/R独立して切り換え可能です。

 

ダビング・編集時での活用

編集、ダビングでの収録時に発生した音声レベル差を整えることができます。特に編集時のナレーション入れやBGMの挿入時などに一定のレベルを保つことで、より簡単な音声編集作業を可能としています。

 
 
 
 
 
 
 

簡易2chミキサーとして使用

オプションのミキシングアダプタ(MA-20/200)を使用することで入力側リミッター機能を搭載した2chミキサーとして使用することができます。

 
 
 
 

ライン/マイク混在での使用

演劇や講演など2カメ、3カメ収録現場での音声収録時にレコーダーへの入力はライン固定の場合が多く音の歪みが発生しやすくなっています。FS-205/206はラインとマイクのどちらにも対応可能で、音声レベル差のある各講演者の声を平均的に収録し、拍手などの突発音による音の歪みを抑えることができます。

 

価格

■FS-206
AC電源内蔵ハイパーリミッター

希望小売価格:100,000円+税
●付属品:取扱説明書/保証書

ダウンロード

■FS-206

仕様書:PDF 約263KB 取扱説明書:PDF 約897KB